【画像】「脆弱性の対策に修正プログラムの適用が有効」、PCユーザの4割以上が知らず(トレンドマイクロ) (3/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

「脆弱性の対策に修正プログラムの適用が有効」、PCユーザの4割以上が知らず(トレンドマイクロ) 3枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

【設問】あなたは、これらのソフトウェアのバージョンを常に最新にしていますか?
【設問】あなたは、これらのソフトウェアのバージョンを常に最新にしていますか?

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 未成年のスマホユーザー数上昇する一方、フィルタリング利用率は調査開始以来の低水準(デジタルアーツ)

    未成年のスマホユーザー数上昇する一方、フィルタリング利用率は調査開始以来の低水準(デジタルアーツ)

  2. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  3. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  4. SNSのトラブルは「LINE」と「Twitter」が突出、4人に1人がいじめ・嫌がらせを経験(プリキャンティーンズラボ)

  5. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  6. 内部不正の理由の6割は「うっかり」、組織へのダメージを狙った悪質なケースは約1割に(IPA)

  7. 通学路の交通安全の確保に関する有識者懇談会の意見とりまとめを発表(文部科学省、国土交通省、警察庁)

  8. 国内企業でBYODが着実に浸透、反面で禁止されていても6割が無断使用(トレンドマイクロ)

  9. セキュリティ対策を実行する人、しない人--社会心理学の見地で調査(IPA)

  10. 「若者のトラブル110番」の結果を公表、有料情報サイトの架空・不正請求に関する相談が2割近くを占める(東京都)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×