【防犯システム05】本格的な防犯カメラシステムの記録媒体はHDDにほぼ一本化 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

【防犯システム05】本格的な防犯カメラシステムの記録媒体はHDDにほぼ一本化 2枚目の写真・画像

防犯カメラで撮影した画像(映像)を保存するのが記録装置。一般的にはレコーダーともいわれる。最近のカメラはネットワーク化、あるいはデジタル化が増えているだけでなく、効率よく圧縮できるということもあって、記録媒体はデジタルのものが主流となっている。

製品・サービス・業界動向
三菱電機のネットワークカメラ用記録装置「ネカ録」。写真は6TBモデル(32入力)だが、上位機種では36TBもの大容量HDDを搭載するモデル(64入力)もある。
三菱電機のネットワークカメラ用記録装置「ネカ録」。写真は6TBモデル(32入力)だが、上位機種では36TBもの大容量HDDを搭載するモデル(64入力)もある。

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×