【画像】青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査結果を発表、フィルタリングの認知度は年々上昇(総務省) (3/6)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.16(土)

青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査結果を発表、フィルタリングの認知度は年々上昇(総務省) 3枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. 中高生の19%がSNSで嫌な思いを経験(JSSEC)

    中高生の19%がSNSで嫌な思いを経験(JSSEC)

  3. 2017年度国内IT市場規模12兆円、今後ゆるやかな増加(矢野経済研究所)

    2017年度国内IT市場規模12兆円、今後ゆるやかな増加(矢野経済研究所)

  4. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  5. 多要素認証(MFA)を採用、検討する企業が増加--グローバル調査(日本セーフネット)

  6. 「脆弱性検査と脆弱性対策に関するレポート」、フェーズごとに解説(IPA)

  7. 内部不正の理由の6割は「うっかり」、組織へのダメージを狙った悪質なケースは約1割に(IPA)

  8. 子どもにB型肝炎ワクチンを受けさせない理由「任意接種だから」が52.7%(ミキハウス子育て総研)

  9. 小学生のスマートフォンの利用制限、保護フィルターのインストールが65.5%に(明光義塾)

  10. 2014年の不正アクセス認知件数は3,545件、前年より594件増加(総務省ほか)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×