【画像】Amebaにてリスト型アカウントハッキングによる不正ログインを確認、被害IDは38,280件に(サイバーエージェント) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

Amebaにてリスト型アカウントハッキングによる不正ログインを確認、被害IDは38,280件に(サイバーエージェント) 2枚目の写真・画像

インシデント・事故

Amebaトップページ
Amebaトップページ

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. インテリアショップサイトに不正アクセス、カード情報含む個人情報が漏えい(ミサワ)

    インテリアショップサイトに不正アクセス、カード情報含む個人情報が漏えい(ミサワ)

  2. 「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

    「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

  3. 「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

    「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

  4. 「スピードラーニング」を複製、販売していた男性を送致(ACCS)

  5. 「クレヨンしんちゃん」「ブラック・ジャック」の動画を「FC2」で公開(ACCS)

  6. サーバ管理者のミスで顧客情報が漏えい、パスワード情報も暗号化せず(テレワークコミュニケーションズ)

  7. 患者24名の個人情報を記録したUSBメモリ、退職した医師が紛失(三菱長崎病院)

  8. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  9. アンケート回答者の個人情報が委託業者のPCからウイルス感染で流出(四国電力)

  10. 個人情報が記録された会社貸与の携帯電話を紛失(ネポン)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×