Amebaにてリスト型アカウントハッキングによる不正ログインを確認、被害IDは38,280件に(サイバーエージェント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.25(水)

Amebaにてリスト型アカウントハッキングによる不正ログインを確認、被害IDは38,280件に(サイバーエージェント)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 サイバーエージェントは23日、同社が運営する「Ameba」にて、「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」による不正ログイン被害が発生したことを発表した。

 6月19日17時27分から6月23日8時36分にかけて、断続的に攻撃が発生。不正ログイン試行回数は2,293,543回、不正ログインされたID数は、38,280件となっている。

 調査の結果、登録情報(ニックネームやメールアドレス、生年月日など)の改ざんや、仮想通貨「アメゴールド」「コイン」の不正利用は発生していないという。クレジットカード情報や、登録住所・電話番号などの個人情報の流出もないとのこと。

 今回、不正ログインを受けた38,280件のアメーバIDについては、パスワードのリセットを実施。個別にメールで連絡を行った。電話での問い合わせは03-6758-2294まで(平日のみ10時~18時)。

Amebaも不正ログイン被害……38,280アメーバIDが被害

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×