【画像】[Security Days 2014 インタビュー] 段階的に導入できる標的型攻撃対策(フォーティネットジャパン) (1/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.24(木)

[Security Days 2014 インタビュー] 段階的に導入できる標的型攻撃対策(フォーティネットジャパン) 1枚目の写真・画像

特集

「標的型攻撃に代表される最近の攻撃は、もはや大企業だけの問題ではない」 フォーティネットジャパン株式会社 市場開発本部 本部長 西澤 伸樹 氏
「標的型攻撃に代表される最近の攻撃は、もはや大企業だけの問題ではない」 フォーティネットジャパン株式会社 市場開発本部 本部長 西澤 伸樹 氏

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. NSS LabsがNGFWの性能評価マップSVMを公開――各製品の特徴を可視化

    NSS LabsがNGFWの性能評価マップSVMを公開――各製品の特徴を可視化

  2. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」   第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

    工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 第3回「内部犯行」

  6. 工藤伸治のセキュリティ事件簿シーズン6 誤算 第4回「不在証明」

  7. 柳井 政和 作 「QR ―Trojan Room coffee pot―」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

  8. CODE BLUE を生んだ日本のセキュリティコミュニティの歴史 ~ CODE BLUE篠田氏、日立システムズ本川氏対談

  9. 一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

  10. サイバーセキュリティ経営ガイドラインがあと一歩「惜しい」理由

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×