【画像】毎秒10ギガビットの転送速度に対応した暗号化専用装置の販売を開始、アルゴリズムにはAESを採用(NEC、NECマグナスコミュニケーションズ) (1/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

毎秒10ギガビットの転送速度に対応した暗号化専用装置の販売を開始、アルゴリズムにはAESを採用(NEC、NECマグナスコミュニケーションズ) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

回線暗号装置「COMCIPHER XL2B」
回線暗号装置「COMCIPHER XL2B」

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

    イスラエルのサイバー防衛たてつけ~視察団報告

  2. スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

    スマートフォンやSNSの中学生向け安全教室開催(トレンドマイクロ)

  3. ロシアのWebサイトで全世界のネットワークカメラ映像が流出(2) パナソニックの取り組みとは

    ロシアのWebサイトで全世界のネットワークカメラ映像が流出(2) パナソニックの取り組みとは

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. LGWAN上のPCやサーバに定義データベースを配信、セキュリティ製品ベンダ初(カスペルスキー)

  6. シンガポール現地法人がラウド情報セキュリティ管理規格の認証を取得(IIJ)

  7. 香港セキュア・アソシエイツの「MindStorm」を販売(高千穂交易)

  8. AWS等のクラウドストレージに機密を分散保存、電子割符ゲートウェイ「Tally-WariZen」発売(ソリトン)

  9. 「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を始動、第1弾として無償版「an」提供(MOTEX)

  10. 次世代暗号技術に関するセミナーを開催(日本計画研究所)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×