【画像】一般に広く利用されているソフトウェアの脆弱性悪用が増加--JVN登録状況(IPA) (3/6)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.22(火)

一般に広く利用されているソフトウェアの脆弱性悪用が増加--JVN登録状況(IPA) 3枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

2013年第1四半期に登録した脆弱性の種類別件数
2013年第1四半期に登録した脆弱性の種類別件数

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

    Black Hat参加者が感じる自組織の課題は「OSのパッチとアップデート」(Cylance)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. vsftpd 2.3.4に含まれたバックドアに関する検証レポートを発表(NTTデータ先端技術)

    vsftpd 2.3.4に含まれたバックドアに関する検証レポートを発表(NTTデータ先端技術)

  4. スマートフォンにセキュリティソフトをインストールしているユーザー、32.7%に留まる(ジャストシステム)

  5. 攻撃者が活用するツール、不正Androidアプリに注目--9月度レポート(シマンテック)

  6. 少年非行に関する世論調査、掲示板への犯行予告、誹謗中傷などインターネットを利用したものが増えている印象(内閣府)

  7. サイバー戦争、サイバースパイ、IoTへの攻撃--2015年の脅威予測(マカフィー)

  8. ステルスマルウェアやモバイルバンキング型トロイの木馬を確認--四半期レポート(マカフィー)

  9. アジア地域のマルウェア検出数が増加--2013年下半期レポート(エフセキュア)

  10. 企業向けにクライアントソフトの脆弱性対策に関するレポート(IPA)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×