【画像】不正利用対策の新たな認証機能としてワンタイムパスワードを導入、無料で利用可能(ヤフー) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

不正利用対策の新たな認証機能としてワンタイムパスワードを導入、無料で利用可能(ヤフー) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

ワンタイムパスワードの利用の流れ
ワンタイムパスワードの利用の流れ

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. Tanium製品取り扱い開始、大企業と金融に3年間で3億円目標(CTC)

    Tanium製品取り扱い開始、大企業と金融に3年間で3億円目標(CTC)

  2. 重要インフラにおける分野横断的演習を実施、約2,080名が参加(NISC)

    重要インフラにおける分野横断的演習を実施、約2,080名が参加(NISC)

  3. ラックと合弁でベネッセグループの基幹情報システムの運用・保守を担う専門機能会社を設立(ベネッセHD)

    ラックと合弁でベネッセグループの基幹情報システムの運用・保守を担う専門機能会社を設立(ベネッセHD)

  4. ガバナンス支援クラウドサービスにリテラシー向上eラーニングを追加(富士通システムズ・ウエスト、富士通エフ・オー・エム)

  5. ノロウイルス食中毒に感染した際の対処方法を公開(教えて!「かくれ脱水」委員会)

  6. クライアントPC稼動監視/不正操作対策ソフトをバージョンアップ(ハンモック)

  7. 離席を自動検知して画面をロックする顔認証ソフトを発売(NEC)

  8. “すごうで”支援対象者に、プログラマー経験も豊富な14歳の中学生(ラック)

  9. 浜学園との協業で、親子に向けた教育映像を「リセマム」で配信(デジタルアーツ)

  10. 防犯カメラの犯罪抑止効果を高めるための何気ない工夫とは

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×