米国務省、サイバーセキュリティ政策局創設 | ScanNetSecurity
2024.06.16(日)

米国務省、サイバーセキュリティ政策局創設

 バイデン政権が米国の外交関係へサイバーセキュリティを組み入れることを目指す中、米国務省が今週、オンライン防衛やプライバシー保護に関する政策や方向性の策定を担当する機関を発足させた。

国際
www.state.gov

 バイデン政権が米国の外交関係へサイバーセキュリティを組み入れることを目指す中、米国務省が今週(編集部註:2022年4月第一週)、オンライン防衛やプライバシー保護に関する政策や方向性の策定を担当する機関を発足させた。

 「ここ数年で、サイバーセキュリティとデジタル政策が、アメリカの国家安全保障にとっていかに不可欠なものであるかということが、明らかになりました」と、新たに設けられるサイバースペース・デジタル政策局(CDP)のテープカット式典で、アントニー・ブリンケン国務長官は述べた。「我々は、デジタルの未来を定義することになるルール、インフラ、標準をめぐり、競い合っているのです」

 CDP には 3 つの政策ユニットがあり、それぞれが国際サイバースペースセキュリティ政策、国際情報通信政策、およびデジタルフリーダム(国務省によると、インターネット上のプライバシーや情報の保護も含む)に重点を置いて取り組むことになる。上院によって今後承認されるサイバー大使が監督する予定の同局は、物理的な戦争の影響がサイバー戦争にも波及する恐れがある時期にスタートを切った。

 「ロシアによるウクライナ侵攻や、一連の脅威活動と脆弱性の暴露がほぼ無限に続いていることを考えると、今回の発表はこれ以上ないタイミングです」と、エンドポイントセキュリティ企業 Tanium で公共部門担当上級副社長を務めるテドラ・バージェス氏は、The Register 誌に宛てた電子メールで述べた。

 しかし同局は、その壮大な使命の達成に取り組むにあたり、米国内外からのさまざまな課題に直面する。


《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  2. Anonymous が使用する DoS 攻撃ツール HOIC と Boosterファイルの使い方(Far East Research)

    Anonymous が使用する DoS 攻撃ツール HOIC と Boosterファイルの使い方(Far East Research)

  3. CrowdStrike Blog:ランサムウェア Ryuk を武器に猛獣狩り、大金を生む標的型ランサムウェア

    CrowdStrike Blog:ランサムウェア Ryuk を武器に猛獣狩り、大金を生む標的型ランサムウェア

  4. 【続報】Anonymous Japan のDDoS攻撃ツール(Far East Research)

  5. CrowdStrike Blog:「サイバー界のAK47」、Mimikatzを利用したシグネチャベースの検知回避

  6. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  7. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  8. FBI「ハーバード大の 20 歳が、期末試験を避けるため Tor を介して大学へ爆弾脅迫メールを送信した」~匿名ネットワークツールの利用は大学のネットワークのログで暴かれたとの主張(The Register)

  9. セキュリティの業務にこそ「心理的安全性」を ~ GMOペパボ 熊野多聞が語る “我が社の取締役に聞かせたくなる話”

  10. 米政府機関のコンピュータに侵入した十代ハッカーに実刑判決(米司法省)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×