「SHA-1衝突の実現」に対し、SHA-1電子署名への影響と対策を発表(JNSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

「SHA-1衝突の実現」に対し、SHA-1電子署名への影響と対策を発表(JNSA)

脆弱性と脅威 脅威動向

特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は3月2日、「SHA-1衝突の実現による電子署名への影響と対策」について発表した。これは、GoogleがオランダのCWI Instituteとの共同研究により、SHA-1の衝突を初めて実現したというもの。発表に合わせて同じハッシュ値となる異なる2つのPDFコンテンツが提示されており、90日後には同じハッシュ値を持つ異なる2つのPDFを生成するためのコードを公開するともアナウンスされている。

JNSAでは、今回の攻撃についてcryptecから発表された見解に基づいて、SHA-1を利用する電子署名に対する影響と対策を発表している。新たに生成する電子署名については、ハッシュ値が同一になるように生成できる文書には制限があるため、すべての文書について攻撃が可能になるわけではないが、SHA-1の信頼性の低下は看過できないため、SHA-1を使用しないことを推奨している。一方、過去に生成された電子署名については、今すぐに影響が出ることはないものの、将来の攻撃の高度化に備え、長期署名を適用することを推奨している。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  3. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

    「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  7. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  8. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  9. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

  10. 偽の警告文を表示する詐欺サイトが急増、警察庁を装い罰金を要求するケースも(キヤノンITS)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×