事務局内のコンピュータが外部と不正通信、対策チームを設置し調査中(日本経済団体連合会) | ScanNetSecurity
2021.10.28(木)

事務局内のコンピュータが外部と不正通信、対策チームを設置し調査中(日本経済団体連合会)

日本経済団体連合会は、経団連事務局のコンピュータから、外部と不審な通信を行っていた疑いのあることが明らかになったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
日本経済団体連合会は11月10日、経団連事務局のコンピュータから、外部と不審な通信を行っていた疑いのあることが明らかになったと発表した。同事務局では、マルウェア感染や情報漏えいの可能性が考えられるとして、直ちに緊急対策チームを設置して対処しているという。同チームでは、専門機関の協力をえて、通信を行ったコンピュータの調査を進めており、詳細な事実が判明しだい、改めて公表するとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×