インシデント発生時に現場担当者が最低限行うべき対応をガイドブックに(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

インシデント発生時に現場担当者が最低限行うべき対応をガイドブックに(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、法人向けのサイバー攻撃対策ガイドブック「すぐ役立つ! 法人で行うべきインシデント初動対応~『不審な通信』その時どうする~」を無償公開した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
トレンドマイクロ株式会社は11月1日、法人向けのサイバー攻撃対策ガイドブック「すぐ役立つ! 法人で行うべきインシデント初動対応~『不審な通信』その時どうする~」を無償公開したと発表した。同ガイドブックは、インシデント発生時に国内の法人組織が最低限行うべき対応について、現場担当者の方が活用できることを目指したもの。実用性を重視し、現状起こりえるサイバー攻撃のシナリオに基づき、組織として対応する必要性が高いインシデントに対象を絞っている。

インシデントの基本的ハンドリングフローは、「検知・連絡受付」「トリアージ」「インシデントレスポンス」「報告・情報公開」の4段階に分けて考えられる。このうちインシデントレスポンスは、「封じ込め」「根絶」「リカバリー」の3段階に分けられる。同ガイドブックでは、法人組織が自発的に行うべき「初動対応」として、「検知・連絡の受付」「トリアージ」から「インシデントレスポンス」の「根絶」の一部までを対象範囲とし、具体的に解説している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×