職員利用パソコンがコンピュータウイルスに感染、研究開発活動に係る不正行為の告発に関する情報等が外部に漏えいした可能性(JAEA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.17(日)

職員利用パソコンがコンピュータウイルスに感染、研究開発活動に係る不正行為の告発に関する情報等が外部に漏えいした可能性(JAEA)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 日本原子力研究開発機構(JAEA、原子力機構)の職員の利用するパソコンが、コンピュータウイルスに感染し、原子力機構の保有する情報が外部に漏えいした可能性があることが判明した。原子力機構が5日に発表した。

 11月29日に原子力機構より外部へ向けた不審な通信が発見されたため、通信元のパソコン3台をネットワークから切り離し調査。その結果、当該パソコンがコンピュータウイルスに感染しており、11月14日から29日までの期間、外部のサイトに向けた不審な通信を行っていたことが判明したという。

 ウイルス付きメールを、原子力機構ホームページ掲載の連絡先メールアドレスを介して受信した職員が、不審メールと疑わず開封したため、感染したとのこと。なお漏えいした可能性があるのは、研究開発活動に係る不正行為の告発に関する情報、コンプライアンス活動に関する情報などで、核不拡散・核セキュリティ上重要な核物質管理に関する情報は、格納されていなかった。

 原子力機構では現在、漏えいした可能性のある情報とその内容の特定に取り組んでいるとしている。

原子力機構、PCウイルス感染で情報漏えいの可能性……核セキュリティ情報は含まれず

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

インシデント・事故 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

    「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  2. ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

    ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

  3. Webショップに不正アクセスでカード情報流出の可能性(城山観光)

    Webショップに不正アクセスでカード情報流出の可能性(城山観光)

  4. 「フジテレビダイレクト」がリスト型攻撃による不正ログイン被害(フジテレビ)

  5. 「スピードラーニング」を複製、販売していた男性を送致(ACCS)

  6. 「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

  7. 教員のログイン情報でシステムなどに不正アクセス、8万件以上の個人情報が漏えい(大阪大学)

  8. 不正アクセスによりセキュリティコードを含むカード情報が流出(高商事)

  9. 電子書籍アプリ「BOOK☆WALKER for Windows/Mac」に複数の脆弱性(JVN)

  10. カード情報を含む約3,300名分の個人情報を紛失(NHK)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×