モバイル、ソーシャル手法、ボット、IPv6などセキュリティ動向を予測(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

モバイル、ソーシャル手法、ボット、IPv6などセキュリティ動向を予測(チェック・ポイント)

脆弱性と脅威 脅威動向

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は1月6日、チェック・ポイント独自の調査とユーザから寄せられた意見に基づく、2012年の注目すべきセキュリティ動向予測を発表した。インターネットを利用したサイバー攻撃が複雑化の一途をたどっており、規模にかかわらずすべての企業は、最新の技術動向やコンプライアンス要件に合わせたリスク管理戦略の見直しが求められるとしている。

同社はセキュリティ動向のトピックとして、「モバイル・デバイスを狙った攻撃の増加とその対策の強化」「QRコードの悪用」「個人情報を利用したソーシャル・エンジニアリング攻撃が増加」「マルウェアの産業化」「ボットネットが組織へのバックドアとして利用」「IPv6に移行する企業が急増」「セキュリティ対策としての仮想化技術の利用の増加」「ソーシャルボットが台頭」「大型イベントに便乗した不正なSEOがさらに増加」を挙げている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×