P2Pネットワーク経由で感染し、接続を行うWin32.Poliposに注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2021.08.02(月)

P2Pネットワーク経由で感染し、接続を行うWin32.Poliposに注意を呼びかけ

株式会社ネットフォレスト Dr.WEB 事業部は4月20日、複数のファイル共有ネットワークで感染を拡大するポリモーフィック型ウイルス「Win32.Polipos」が活発に繁殖しているとして注意を呼びかけている。このウイルスは、ある種のアンチウイルスやセキュリティプログラムを

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社ネットフォレスト Dr.WEB 事業部は4月20日、複数のファイル共有ネットワークで感染を拡大するポリモーフィック型ウイルス「Win32.Polipos」が活発に繁殖しているとして注意を呼びかけている。このウイルスは、ある種のアンチウイルスやセキュリティプログラムを「中和」する、危険な機能を持つ。P2Pネットワークを介して広がり、P2Pネットワークに接続しているPCに侵入、活動を開始し、密かにP2Pネットワークへの接続を可能にする。

Win32.Poliposは、ポリモーフィックデコーダのコードをWindows実行ファイルのコードセクションの利用されていない空間に書き込むことによって感染する。つまり、PCのメモリ中に複数のウイルスのコピーが生成され、それぞれ個別に感染可能なファイルの検索や感染済みのファイル、GnutellaベースのP2Pネットワークへの接続などを試みる。感染したファイルは P2Pネットワークのユーザに公開される。

▼Dr.WEB
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
危険なポリモーフィック型ウイルス Win32.Polipos にご注意ください
http://drweb.jp/news/?20060420

───────────────────────────────────
ウイルスバスター2006 インターネットセキュリティ(ダウンロード)
http://sw.vector.co.jp/swreg/detail.info?srno=SR069840&site=vg
Norton Internet Security 2006(ダウンロード)
https://sw.vector.co.jp/swreg/detail.info?srno=SR069382&site=vg
F-Secureアンチウィルスクライアントセキュリティ
http://shop.ns-research.jp/3/12/1854.html
───────────────────────────────────
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×