被害が拡大する「BadTrans.B」の情報を各社が更新 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

被害が拡大する「BadTrans.B」の情報を各社が更新

脆弱性と脅威 脅威動向

 昨日、感染情報と各社の対応状況をお送りした「BadTrans.B」に関して、各社のWebサイトで情報の更新がされている。一部の情報では、「Sircam」を上回る勢いで感染被害が拡大しており、より一層の注意と事前の対策が必要になる。

▼IPA
 「W32/Badtrans」ウイルスの亜種に関する情報
  (27日17時時点で115件の相談・届出)
http://www.ipa.go.jp/security/topics/newvirus/badtrans-b.html

▼マイクロソフト
 BadTrans.B ワームに関する情報(27日)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/topics/badtrans.asp

▼トレンドマイクロ
 ウイルス情報 WORM_BADTRANS.B
http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/default3.asp?VName=WORM_BADTRANS.B

▼日本ネットワークアソシエイツ
 危険度を「中(要警戒)」へと引き上げ
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virB.asp?v=W32/Badtrans@MM

▼シマンテック
 被害報告が急増している2種類のワームを警告(危険度4に)
http://www.symantec.com/region/jp/news/year01/011127b.html

▼CERT
 Incident Note IN-2001-14 W32/BadTrans Worm
http://www.cert.org/incident_notes/IN-2001-14.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×