「FUCK japanese」感染源のひとつプライスロトが経緯掲載 原因は不明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

「FUCK japanese」感染源のひとつプライスロトが経緯掲載 原因は不明

脆弱性と脅威 脅威動向

 Webを閲覧するだけで、PCが起動しなくなるウィルス「FUCK japanese」(呼称についてはまだ共通のものがないが)の感染源のひとつであるプライスロトが、経緯をwebに掲載した。同サービスは、外部からの攻撃を受け、「FUCK japanese」をページに仕掛けられた。このページを訪れた利用者が被害を受けていた。
 今回の同サービスの対応に多くの問題が見られた。利用者に対して公開されている情報を見る限り、同サービスの利用には、いまだに注意が必要といえる。

・利用者に対する不十分な情報提供

「ハッカーによるプログラム改ざんに関して」と題する経緯の説明によれば、同社のwebが改竄を受け、「FUCK japanese」を仕掛けられたのは8月18日である。18日から20日までの間、このWebを訪れた人が被害にあった。
 同社では、被害にあった人々への情報提供として、21日にアンチウィルスベンダの対策方法を21日 15:41 にそのままwebに掲載した。21日掲載の文章には、被害者に対するお詫びも掲載されていなかった。

・原因と対策については説明なし
 既知の脆弱性ならば同サービスの管理責任であり、未知の脆弱性であれば現在も危険な状態にあると考えられる。

・被害者に対する情報提供、フォローも不十分

 同サービスの会員に対しては、メールによる告知などが行われている模様であるが、Webを訪れた利用者への情報提供ならびに経緯説明は、上記2つのみであり、被害者は自助努力による復旧を余儀なくされている。
 トラブル時の対応が、その企業の利用者への姿勢をあらわにすることがある。今回の事件では、同社の利用者に対する姿勢に問題があることを浮き彫りにしたといえる。

詳細については Scan本誌に掲載 http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm


プライスロト運営会社 メディアゲート株式会社
http://www.media-gate.co.jp/pages/info/info.html

ハッカーによるプログラム改ざんに関して
http://www.priceloto.com/newscontent.asp?number=49&page=1&startpage=1

ハッカーによるプログラム改ざんに関して〓対処方法について〓
http://www.priceloto.com/newscontent.asp?number=50&page=1&startpage=1

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  3. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

    「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  7. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  8. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  9. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

  10. 偽の警告文を表示する詐欺サイトが急増、警察庁を装い罰金を要求するケースも(キヤノンITS)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×