1部のアンチウイルスソフトで「Sircam」が検出できない不具合、それに対する各社のコメントおよび対処法(アンチウイルスベンダ各社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.20(金)

1部のアンチウイルスソフトで「Sircam」が検出できない不具合、それに対する各社のコメントおよび対処法(アンチウイルスベンダ各社)

脆弱性と脅威 脅威動向

 アンチウイルスソフトの一部に「Sircam」ウイルスを検出できない不具合が発見された。特定のベンダに限らず複数のベンダで状況が確認されている。各アンチウィルスベンダから寄せられた情報を下記にまとめる。


▼トレンドマイクロ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 トレンドマイクロ株式会社によると同社のアンチウイルスソフトでは検出できないケースが以下の2パターンある。

(1)ウイルスファイルの拡張子が「.LNK」の場合

○問題:
 VSAPI ver. 5.420以前の検索エンジンでは、拡張子が”lnk”になっているファイルからの検出が行うことできない問題。

○対象製品:
 製品群A
 ActiveUpdate対応製品

 製品群B
 ActiveUpdate未対応製品

上記製品群の製品に関しては下記のURLを参照。
http://www.trendmicro.co.jp/support/news/news87.htm

なお、UNIX版のInterScanでVSAPI ver. 5.420以上を使用している場合は、検出できない不具合はないとのこと。


○解決方法:
 ウイルス検索エンジン をver. 5.450にバージョンアップすれば解決されるとのこと。各製品群に関しては下記を参照。

製品群A(ActiveUpdate対応製品)
 各製品の持つ機能で自動更新が可能。

製品群B(ActiveUpdate未対応の製品)
 検索エンジンモジュールの準備が整い次第、同社のWebに掲載されるので、手動にて検索エンジンをバージョンアップする。

詳細
http://www.trendmicro.co.jp/support/news/news87.htm


(2)ウイルスが送信するメール内のエンコードデータによる問題

○問題:
 Sircamが送信する一部のメールに対して検出できない場合があります。これはウイルスが送信しているメールデータ中のエンコードデータによる問題。

 ウイルスが送信するエンコードデータが一部不正な形式で書かれる場合があり、このためにInterScan VirusWall for Windows NTが添付ファイルを正しく認識できないケースがあるとのこと。

○対象製品:
InterScan VirusWall for Windows NT Ver.3.51J

※ Ver.3.51J以下のバージョンでも現象は発生。
  旧バージョンの場合には一度Ver.3.51Jへとバージョンアップが必要。

○解決方法:
 Sircamが送信する不正なエンコードデータの検索に対応したパッチプログラムを導入することにより対応可能。パッチプログラムにはスタンダード版用とCVP版用がある。

詳細
http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDetail.asp?solutionid=3032


▼日本ネットワークアソシエイツ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本ネットワークアソシエイツ株式会社のアンチウイルスソフトでは、最新の定義ファイル、エンジンであれば検出できない不具合はないとのこと。

ウイルス詳細:
http://www.nai.com/japan/virusinfo/virS.asp?v=W32/SirCam@MM&a=S


▼シー・エス・イー
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社シー・エス・イーの取り扱っているソフォスのアンチウイルスソフトではデフォルトでは添付ファイルに拡張子「lnk」が付いている場合検出しない。
 同社では検索拡張子リストに.lnk と.bat を追加するように呼びかけている。

ウイルス詳細:
http://www.cseltd.co.jp/security/release/010724sircam.htm


▼日本エフ・セキュア
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本エフ・セキュア株式会社のアンチウイルスソフトでは、最新のパターンファイルを使用していれば、当該ウイルスを検出できない不具合は報告されていないとのこと。

ウイルス詳細:
http://www.f-secure.co.jp/200107241/


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  3. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

    「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  4. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  7. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  8. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  9. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

  10. WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×