IPAのコンピュータウイルス届出状況に対する見解を発表(シマンテック) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

IPAのコンピュータウイルス届出状況に対する見解を発表(シマンテック)

 株式会社シマンテックは7月5日、情報処理振興事業協会(IPA)の6月コンピュータウイルス届出状況を受けて、それに対する見解を加えたウイルスレポートを発表した。  同社のウイルス研究所である「シマンテック・アンチウイルス・リサーチセンター(SARC)」のコメント

脆弱性と脅威 脅威動向
 株式会社シマンテックは7月5日、情報処理振興事業協会(IPA)の6月コンピュータウイルス届出状況を受けて、それに対する見解を加えたウイルスレポートを発表した。
 同社のウイルス研究所である「シマンテック・アンチウイルス・リサーチセンター(SARC)」のコメントによると、IPAの発表では今年6月の届出件数は前年同月の約2.5倍となっており、引き続きウイルスに対する注意が必要であるとした上で、最近の傾向としてはセキュリティホールを悪用したものが増加しており、ウイルス対策としてセキュリティホール対策も重要になってきているとしている。

http://www.symantec.com/region/jp/news/year01/010705b.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×