「PE_MAGISTR.A」に対してウイルス警報をVAC-3からVAC-2にアップ(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

「PE_MAGISTR.A」に対してウイルス警報をVAC-3からVAC-2にアップ(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロ株式会社は5月23日、ウイルス「PE_MAGISTR.A」の被害報告が増加していることを受け、ウイルス警報をVAC-3からVAC-2に引き上げたと発表した。  このウイルスの特徴としては、ファイル感染型、メモリ常駐型、ミューテーション(ポリモーフィック)型を

脆弱性と脅威 脅威動向
 トレンドマイクロ株式会社は5月23日、ウイルス「PE_MAGISTR.A」の被害報告が増加していることを受け、ウイルス警報をVAC-3からVAC-2に引き上げたと発表した。
 このウイルスの特徴としては、ファイル感染型、メモリ常駐型、ミューテーション(ポリモーフィック)型を融合したタイプであるところにある。同ウイルスの活動としては、感染後にWindowsのメールソフトのアドレス帳に登録されている全てのアドレス、SMTPを利用するメールソフトの受信ボックス内に保管されている差出人にウイルスに感染したファイルを添付したメールを送信する。感染したPCのユーザの作成したデータをランダムに使用しウイルスメールを作成し、送信する。また、Windows 9x/Meが感染した場合にはCMOSのデータ消去、BIOSの破壊(ハードディスクの破壊)を行う場合がある。
 同社では、このウイルスに対して3月14日付けで発表したパターンファイル862以降、検索エンジンVSAPI5.310以上で対応している。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/pe_magistr_a.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×