Solarisに感染するワーム「Unix/SadMind」に対応(シー・エス・イー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.19(水)

Solarisに感染するワーム「Unix/SadMind」に対応(シー・エス・イー)

 株式会社シー・エス・イーは、5月8日に米CERT/CCが警告を発したSolarisに感染するワームに対応したと発表した。  このワームは、「Unix/SadMind」と呼ばれ、Solstice AdminSuite の一部である sadmind プログラムがある Solaris システムのバッファオーバーランを利用

脆弱性と脅威 脅威動向
 株式会社シー・エス・イーは、5月8日に米CERT/CCが警告を発したSolarisに感染するワームに対応したと発表した。
 このワームは、「Unix/SadMind」と呼ばれ、Solstice AdminSuite の一部である sadmind プログラムがある Solaris システムのバッファオーバーランを利用して感染を広げる。感染した後、そこからWindowsのIISのWebサーバを検索、アクセスし、そのページを改竄する。
 IISへの侵入には、既知のセキュリティホールを利用しているため、対処方法はすでに公開されている。

 同社では最新のIDEファイル(sadmind.ide)にて対応している。

ワームに関する詳細
http://www.cseltd.co.jp/security/sav/virusinfo/analyses/unixsadmind.htm
IDEファイルダウンロードサイト
http://www.cseltd.co.jp/security/sav/downloads/ide/ide.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×