IPFS はフィッシングの“理想的”インフラか 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2024.04.19(金)

IPFS はフィッシングの“理想的”インフラか 1枚目の写真・画像

 脅威グループは以前にも増して、インタープラネタリー・ファイル・システム(IPFS)の P2Pデータサイトでフィッシング攻撃をホストするようになってきている。理由は、この共有システムが分散型であるためだ。悪意あるコンテンツの効果は増し、隠すのも容易になる。

国際
分散型である IPFS ネットワークがフィッシングの温床となりつつある ~ 検知削除が困難
分散型である IPFS ネットワークがフィッシングの温床となりつつある ~ 検知削除が困難

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×