IPFS はフィッシングの“理想的”インフラか | ScanNetSecurity
2022.10.05(水)

IPFS はフィッシングの“理想的”インフラか

 脅威グループは以前にも増して、インタープラネタリー・ファイル・システム(IPFS)の P2Pデータサイトでフィッシング攻撃をホストするようになってきている。理由は、この共有システムが分散型であるためだ。悪意あるコンテンツの効果は増し、隠すのも容易になる。

国際
分散型である IPFS ネットワークがフィッシングの温床となりつつある ~ 検知削除が困難
  • 分散型である IPFS ネットワークがフィッシングの温床となりつつある ~ 検知削除が困難
《The Register》

編集部おすすめの記事

特集

国際 アクセスランキング

  1. オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

    オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

  2. 国家による脆弱性報告政策が生む分断

    国家による脆弱性報告政策が生む分断

  3. Mandiant Blog 第8回「マスコミ大好き:ロシアの愛国的ボランティア」

    Mandiant Blog 第8回「マスコミ大好き:ロシアの愛国的ボランティア」

  4. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

  5. CrowdStrike Adversary Calender 2022 年 10 月「プロフェット・スパイダー」

  6. 米サイバーセキュリティ企業が作ったビジネスモデル「ユーザー企業強請(ゆすり)」

  7. CrowdStrike Blog:CrowdStrike FalconはDell製ドライバの脆弱性(CVE-2021-21551)を悪用するカーネル攻撃を検知

  8. 米国当局、スパイ活動の容疑で 5 名の中国人民解放軍ハッカーを指名手配~31 件の容疑で PLA ハッキングチームに訴追(The Register)

  9. フォレンジック・スパイ:iPhoneに侵入するのは難しくない〜警官用ツールが容易に4桁のパスコードを回避(The Register)

  10. マイクロソフト「警告を受けなかったと言わせない」Basic 認証無効化期限迫る

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×