【画像】インシデントレスポンスと事前・事後対策など「防御モデル」を解説(総務省) (2/3)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.13(水)

インシデントレスポンスと事前・事後対策など「防御モデル」を解説(総務省) 2枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

インシデントレスポンスプランニングのプロセス
インシデントレスポンスプランニングのプロセス

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

    EDRとSOCを連携させた標的型攻撃対策サービスを提供(TIS)

  2. IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

    IoT製品や組み込み機器などの脆弱性をハッカー視点で診断するラボを開設(PwCサイバーサービス)

  3. Fortinetがモニタリングと分析ソリューションのプロバイダを買収(フォーティネット)

    Fortinetがモニタリングと分析ソリューションのプロバイダを買収(フォーティネット)

  4. 統合PCセキュリティ管理ソフトの資産管理部分を無償で提供(ソリトン)

  5. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  6. 攻撃者目線で脅威を可視化する米RiskIQ社のソリューションをSaaSで提供(マクニカネットワークス)

  7. 指紋認証によるログイン機能をAndroid版「楽天銀行アプリ」に導入(楽天銀行)

  8. 「マルウェア対策製品監視・運用サービス」がFireEye HXシリーズに対応(ラック)

  9. 「秘文」と「FireEye」を連携、感染端末の自動遮断を可能に(日立ソリューションズ)

  10. サイバーセキュリティ経営ガイドライン改訂、経営者が指示すべき10項目見直しや事後対策取組など(経済産業省)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×