【画像】セキュリティ製品の効果的な運用方法の開発を目的に共同研究を開始(日商エレ、名古屋大学) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.24(木)

セキュリティ製品の効果的な運用方法の開発を目的に共同研究を開始(日商エレ、名古屋大学) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

機器構成一覧
機器構成一覧

編集部おすすめの記事

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

    顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  2. iPhoneの紛失・盗難に容易に対処可能なApple Watchアプリ(Lookout)

    iPhoneの紛失・盗難に容易に対処可能なApple Watchアプリ(Lookout)

  3. Webセキュリティマーク制度のワーキンググループを設置(日本インターネットプロバイダー協会)

    Webセキュリティマーク制度のワーキンググループを設置(日本インターネットプロバイダー協会)

  4. 預金者の口座を許諾なしに危険にさらす「残高照会サービス」

  5. キヤノン電子「SML」とFortinet製品の連携で、標的型攻撃とマイナンバー対策(図研ネットウエイブ)

  6. 米デロイトと連携し、総合的な医療機器サイバーセキュリティ対策サービスを提供(DTRS)

  7. 「ポケモンGO」サードパーティー製ツールに対するアクセス制限を実施

  8. 新たなカテゴリのセキュアインターネットゲートウェイ製品など発表(シスコ)

  9. 北海道浦河沖で地震 M6.1

  10. スパイウェアなどを排除する「McAfee Anti-Spyware Enterprise Edition モジュール」を発表(マカフィー)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×