【画像】マネーロンダリングやテロ資金供与防止のため、スキャンと真贋判定を同時に行う本人確認機を販売(トッパン・フォームズ) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.27(水)

マネーロンダリングやテロ資金供与防止のため、スキャンと真贋判定を同時に行う本人確認機を販売(トッパン・フォームズ) 1枚目の写真・画像

製品・サービス・業界動向

真贋判定技術には偽札識別器などの開発を行う松村エンジニアリングの識別技術を搭載しており、厳格な本人確認を可能としている。本体サイズは縦55×横125×奥行145mm(画像はプレスリリースより)
真贋判定技術には偽札識別器などの開発を行う松村エンジニアリングの識別技術を搭載しており、厳格な本人確認を可能としている。本体サイズは縦55×横125×奥行145mm(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 独自の悪性サイト情報を、ネットワーク機器に自動取込可能な形式で提供(NTT Com)

    独自の悪性サイト情報を、ネットワーク機器に自動取込可能な形式で提供(NTT Com)

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  4. 次世代エンドポイントセキュリティ新版、ランサムウェア防御機能など強化(パロアルトネットワークス)

  5. 技術対策と体制構築、サイバー事故保険がセットに(三井住友海上、NEC 他)

  6. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  7. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  8. 「情報セキュリティ技術動向調査」を発表、Ruby on Railsなど採り上げ(IPA/ISEC)

  9. 「ポケモンGO」のBAN基準を解説、サーバーからデータを不正取得するマップツールは引き続きBAN対象に(ナイアンティック)

  10. ペネトレーションテスト向けツールの最新版を発売、高速化や強化を実施(Core Security)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×