マネーロンダリングやテロ資金供与防止のため、スキャンと真贋判定を同時に行う本人確認機を販売(トッパン・フォームズ) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

マネーロンダリングやテロ資金供与防止のため、スキャンと真贋判定を同時に行う本人確認機を販売(トッパン・フォームズ) 1枚目の写真・画像

 トッパン・フォームズは13日、金融機関などで本人確認に使う書類のスキャンや真贋判定を行う新型本人確認機「PASiD scan(パシッド スキャン)」の販売を開始した。

製品・サービス・業界動向
真贋判定技術には偽札識別器などの開発を行う松村エンジニアリングの識別技術を搭載しており、厳格な本人確認を可能としている。本体サイズは縦55×横125×奥行145mm(画像はプレスリリースより)
真贋判定技術には偽札識別器などの開発を行う松村エンジニアリングの識別技術を搭載しており、厳格な本人確認を可能としている。本体サイズは縦55×横125×奥行145mm(画像はプレスリリースより)

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×