【画像】リスト型攻撃により5万件以上の「Ameba」アカウントが不正ログイン被害(サイバーエージェント) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.24(火)

リスト型攻撃により5万件以上の「Ameba」アカウントが不正ログイン被害(サイバーエージェント) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

Amebaで5万人以上が不正ログイン被害
Amebaで5万人以上が不正ログイン被害

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

    「スピードラーニング」のデータをオークション目的でアップロードし逮捕(ACCS)

  2. 1917名の患者の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失 (北里大学東病院)

    1917名の患者の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失 (北里大学東病院)

  3. 外部からのアクセスでバスツアーサイトツアーの個人情報1万1975人分が流出(H.I.S.)

    外部からのアクセスでバスツアーサイトツアーの個人情報1万1975人分が流出(H.I.S.)

  4. 脆弱性を突かれ不正アクセス、番組サイトに投稿した個人情報が流出(TOKYO MX)

  5. スーパーフードの通販サイトでカード情報が流出、サイトは停止せず対策(フルッタフルッタ)

  6. 米国でクレジットカードによる不正取引の可能性、再発行を呼びかけ(ファミマクレジット)

  7. 生徒の個人情報を記録した私物のUSBメモリを教諭が紛失(さいたま市)

  8. Apache Struts2の脆弱性を利用した不正アクセスで約2.3万人の登録情報が流出(総務省)

  9. 公文書検索システム上で非公開とすべき個人情報を誤って公開(大阪市)

  10. 12,439件のお客さま情報が入った業務用パソコンが盗難被害(東京ガス、キャプティ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×