【画像】2015年に見つかった違法・有害情報は7,064件、うち95%が国外サイトに掲載(セーファーインターネット協会) (1/4)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.19(火)

2015年に見つかった違法・有害情報は7,064件、うち95%が国外サイトに掲載(セーファーインターネット協会) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

違法・有害情報内訳
違法・有害情報内訳

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. ベネッセ漏えい、振り込め詐欺、LINE乗っ取りがトップ3--2014年の10大事件(マカフィー)

    ベネッセ漏えい、振り込め詐欺、LINE乗っ取りがトップ3--2014年の10大事件(マカフィー)

  2. 情報漏えいに関わるコストは1件あたり154ドル、医療業界では363ドル(日本IBM)

    情報漏えいに関わるコストは1件あたり154ドル、医療業界では363ドル(日本IBM)

  3. 「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

    「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

  4. スマートフォンでのプライベート情報の公開について、年代が低いほど「抵抗がなくなった」と回答する人が増加(博報堂DYホールディングス)

  5. スマートフォンでのフィルタリング、中学生の34.9%が利用せず(MMD研究所、マカフィー)

  6. この2年の「データ侵害」の変化を検証--8月度レポート(シマンテック)

  7. 普及とともにスマートフォンに関する相談が増加--四半期ウイルス届出状況(IPA)

  8. 格安カラーコンタクトレンズ販売サイトや釣り具販売サイトなど新たなカテゴリの詐欺サイトを発見(BBソフトサービス)

  9. 日本の18~26歳のセキュリティ職への関心が国際平均を下回る--大人にも責任(レイセオンジャパン)

  10. 学校と警察の連携を活用しない理由「個人情報を外部機関と共有することに抵抗がある」が5.7%に(文部科学省)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×