【Interop 2015】サイバー攻撃の検知から初動対処までを自動化、インシデント対応時間を短くすることでリスクを低減(NEC) 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.01.20(日)

【Interop 2015】サイバー攻撃の検知から初動対処までを自動化、インシデント対応時間を短くすることでリスクを低減(NEC) 2枚目の写真・画像

 NECは複数のSDN関連ソリューションとして、サイバー攻撃の検知から初動対処までを自動化し、インシデント対応の時間を短くすることでリスクを低減する「サイバー攻撃(標準型攻撃)自動防御ソリューション」のデモを行っていた。

研修・セミナー・カンファレンス
具体的な自動防御の流れ。セキュリティ対策で検知した譲歩をSDN連携アダプタに投げて、そこからSDNコントローラに命令し、スイッチを制御する
具体的な自動防御の流れ。セキュリティ対策で検知した譲歩をSDN連携アダプタに投げて、そこからSDNコントローラに命令し、スイッチを制御する

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×