【Interop 2015】サイバー攻撃の検知から初動対処までを自動化、インシデント対応時間を短くすることでリスクを低減(NEC) 2枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

【Interop 2015】サイバー攻撃の検知から初動対処までを自動化、インシデント対応時間を短くすることでリスクを低減(NEC) 2枚目の写真・画像

 NECは複数のSDN関連ソリューションとして、サイバー攻撃の検知から初動対処までを自動化し、インシデント対応の時間を短くすることでリスクを低減する「サイバー攻撃(標準型攻撃)自動防御ソリューション」のデモを行っていた。

研修・セミナー・カンファレンス
具体的な自動防御の流れ。セキュリティ対策で検知した譲歩をSDN連携アダプタに投げて、そこからSDNコントローラに命令し、スイッチを制御する
具体的な自動防御の流れ。セキュリティ対策で検知した譲歩をSDN連携アダプタに投げて、そこからSDNコントローラに命令し、スイッチを制御する

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×