激しい雨が降る最大10分前に電子メールで情報を伝達、有用性検討のための社会実験を実施(日本気象協会、防災科学技術研究所) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.20(木)

激しい雨が降る最大10分前に電子メールで情報を伝達、有用性検討のための社会実験を実施(日本気象協会、防災科学技術研究所) 1枚目の写真・画像

 日本気象協会と防災科学技術研究所は21日、激しい雨が降る最大10分前に電子メールで大雨情報を伝達する「10分先の大雨情報」の有用性を検討する社会実験を6月1日から10月31日まで共同で行うことを発表した。

製品・サービス・業界動向
「10分先の大雨情報」Web配信の一例。Webでは振るエリアを地図と共に視覚的に確認できる(画像はプレスリリースより)
「10分先の大雨情報」Web配信の一例。Webでは振るエリアを地図と共に視覚的に確認できる(画像はプレスリリースより)

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×