【画像】子供の防犯対策で気をつけているポイントベスト3を発表、1位は防犯ブザー(Style us) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.27(水)

子供の防犯対策で気をつけているポイントベスト3を発表、1位は防犯ブザー(Style us) 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

「子供の防犯対策で気をつけているポイントベスト3」の集計結果。何かあったら防犯ブザーや大声で周囲に知らせることを重視する保護者が多い(画像はプレスリリース)
「子供の防犯対策で気をつけているポイントベスト3」の集計結果。何かあったら防犯ブザーや大声で周囲に知らせることを重視する保護者が多い(画像はプレスリリース)

編集部おすすめの記事

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 3月の「Apache Struts」の脆弱性に最大1日40万件超の攻撃を検知(日本IBM)

    3月の「Apache Struts」の脆弱性に最大1日40万件超の攻撃を検知(日本IBM)

  2. 世論操作を狙うフェイクニュースの実態を調査、中国やロシアで複数サービス(トレンドマイクロ)

    世論操作を狙うフェイクニュースの実態を調査、中国やロシアで複数サービス(トレンドマイクロ)

  3. 「WannaCry」などのインシデントを防ぐには、アップデートと設定見直しが鍵(ラック)

    「WannaCry」などのインシデントを防ぐには、アップデートと設定見直しが鍵(ラック)

  4. ネット検索リスクの高い有名人、38位にジャッキー・チェン(マカフィー)

  5. ネット検索で最もリスクの高い有名人、2016年のトップは女性お笑いタレント(マカフィー)

  6. 平日と土日で変わるサイバー攻撃傾向~フォーティネット調査

  7. モバイルマルウェアの爆発、収集したサンプルは8,000件にのぼる(米マカフィー)

  8. Twitterのアカウントを作り直した女子高生は28%、理由として「勝手に私のアカウントでつぶやかれていたので乗っ取られたのではないかと思った」等も(リビジェン)

  9. スマートフォンでトラブル経験のある児童・生徒は年齢層が上がるほど増える傾向(東京都教育委員会)

  10. メール攻撃に使用される日本語が洗練され、判断が困難に--上半期レポート(日本IBM)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×