【画像】Amebaに4か月にわたり不正ログイン、約24万IDが対象(サイバーエージェント) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.20(日)

Amebaに4か月にわたり不正ログイン、約24万IDが対象(サイバーエージェント) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

アメーバブログスタッフからの発表(抜粋)
アメーバブログスタッフからの発表(抜粋)

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学)

    不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学)

  2. 日本橋店の外商顧客情報の一部が流出(高島屋)

    日本橋店の外商顧客情報の一部が流出(高島屋)

  3. 病院の元職員、在職時に取得した患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(江南厚生病院)

    病院の元職員、在職時に取得した患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(江南厚生病院)

  4. 1917名の患者の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失 (北里大学東病院)

  5. SQLインジェクション脆弱性を突いた不正アクセスで個人情報2,728件が流出(InterFM897)

  6. 海賊版PCゲームと「改造データ」をセットで販売していた男性を逮捕(ACCS)

  7. 業務用ノートPCを紛失、回収するも個人情報を含む情報を閲覧された可能性(サイボウズ)

  8. なりすましによる不正アクセスを確認、クレジットカード情報を含む顧客情報を不正に閲覧された可能性(セブンネットショッピング)

  9. 慶應義塾大学病院24,459人の患者の個人情報入りUSBメモリを紛失(慶應義塾大学)

  10. 「BIND 9」に意図しないアクセス許可の脆弱性、対応を呼びかけ(JPRS)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×