【画像】メール本文のリンク先と添付文書双方にマルウェア--標的型攻撃事例を公開(IPA) (2/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

メール本文のリンク先と添付文書双方にマルウェア--標的型攻撃事例を公開(IPA) 2枚目の写真・画像

調査・レポート・白書

メールの本文に記載されているリンク先のWebサイトと、添付ファイルの両方にウイルスが仕込まれている標的型攻撃の事例
メールの本文に記載されているリンク先のWebサイトと、添付ファイルの両方にウイルスが仕込まれている標的型攻撃の事例

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書 アクセスランキング

  1. 日本が攻撃者の本格的な活動ターゲットに--四半期動向(トレンドマイクロ)

    日本が攻撃者の本格的な活動ターゲットに--四半期動向(トレンドマイクロ)

  2. ランサムウェアは効果的として攻撃者が手口を先鋭化--四半期レポート(トレンドマイクロ)

    ランサムウェアは効果的として攻撃者が手口を先鋭化--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  3. ランサムウェアの認知度が大幅に向上、しかし半数以上がバックアップせず(カスペルスキー)

    ランサムウェアの認知度が大幅に向上、しかし半数以上がバックアップせず(カスペルスキー)

  4. SSL証明書を入れない3大理由「費用高い」「メリットわからない」「必要なサイトでない」(フィッシング対策協議会)

  5. Facebookの“いいね”機能を乗っ取るマルウェアが急増--四半期レポート(マカフィー)

  6. ネットでのいじめなどに関する実態調査の結果を発表、使われたツールは「ネット掲示板」が最多の38.8%(ドワンゴ、ニワンゴ)

  7. DDoS攻撃は世界的に減少するも、アジアでは増加--四半期レポート(アカマイ)

  8. ランサムウェアの認知度、日本はグローバル平均より低い結果に(アクロニス)

  9. パフォーマンスを最も低下させるアプリはSamsung製アプリがトップに(Avast)

  10. 2011年の情報セキュリティインシデントの発生確率はメールの誤送信が最多(JNSA)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×