【画像】国際共通線信号網内の通信設備に設計上の問題、国際ローミングサービスでの接続トラブルについて発生原因と再発防止策を発表(NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.24(金)

国際共通線信号網内の通信設備に設計上の問題、国際ローミングサービスでの接続トラブルについて発生原因と再発防止策を発表(NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

国際共通線信号網輻輳の発生原因(8月13日)
国際共通線信号網輻輳の発生原因(8月13日)

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

    ショッピングサイトへの不正アクセスで最大635件のカード情報が流出の可能性(フローラ)

  2. 「スピードラーニング」を複製、販売していた男性を送致(ACCS)

    「スピードラーニング」を複製、販売していた男性を送致(ACCS)

  3. JINS オンラインショップに不正アクセス、118万件の個人情報が流出の可能性(ジェイアイエヌ)

    JINS オンラインショップに不正アクセス、118万件の個人情報が流出の可能性(ジェイアイエヌ)

  4. 「MAME」と「大魔界村」などのアーケードゲームを無断複製したPCを販売(ACCS)

  5. 廃棄処分したはずのハードディスクが流出(岐阜県美濃加茂市)

  6. 個人情報を含む8万件の配達総合情報を記録したテープの紛失が判明(郵便事業)

  7. 不正アクセスによりアカウント情報約4万件が流出可能性 (法政大学)

  8. 4月22日のWeb改竄情報

  9. 外部アンケートシステムの不具合で個人情報を閲覧された可能性(ヤマハ)

  10. 2,729件の顧客情報が記載された書類を紛失、誤って廃棄の可能性(損害保険ジャパン日本興亜)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×