【画像】米GoogleがSafariのユーザーの閲覧履歴を追跡していた問題で和解(FTC) (1/2)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.25(月)

米GoogleがSafariのユーザーの閲覧履歴を追跡していた問題で和解(FTC) 1枚目の写真・画像

インシデント・事故

米連邦取引委員会の発表したリリース
米連邦取引委員会の発表したリリース

編集部おすすめの記事

特集

インシデント・事故 アクセスランキング

  1. 「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

    「fx-on」に不正アクセス、9,822件のクレジットカード情報が流出の可能性(株式会社ゴゴジャン)

  2. 「Suica ポイントクラブ」に30万件近いアクセス、不正ログインも確認(JR東日本)

    「Suica ポイントクラブ」に30万件近いアクセス、不正ログインも確認(JR東日本)

  3. 新規購読者の個人情報が保存されたシステムに海外から不正アクセス(朝日新聞社、朝日トップス)

    新規購読者の個人情報が保存されたシステムに海外から不正アクセス(朝日新聞社、朝日トップス)

  4. 外部からの不正アクセスにより延べ10万件超の個人情報流出の可能性(タミヤ)

  5. 「RAGTAG Online」などのサーバに不正アクセス、個人情報流出の可能性(ティンパンアレイ)

  6. 「剣と魔法のログレス」アカウントがRMTサイトに出品、開発元従業員を逮捕(Aiming、マーベラス)

  7. B.LEAGUEサイトへの不正アクセスでカード情報32,000件の流出可能性、委託先管理不充分(ぴあ)

  8. 電子メール管理サーバへの不正アクセスで「フラット35」の個人情報が流出(住宅金融支援機構、優良住宅ローン)

  9. ホームページへの不正アクセス、11万件の個人情報が流出の可能性(エフエム愛知)

  10. SQLインジェクションによりWeb会員情報が流出(シャトレーゼ)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×