中国サイバーセキュリティ法への対応、対策実施は僅か5% | ScanNetSecurity
2024.05.30(木)

中国サイバーセキュリティ法への対応、対策実施は僅か5%

 株式会社クララオンラインは1月28日、「日系企業の中国サイバーセキュリティ法等への対応状況に関する調査」の結果を公表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 株式会社クララオンラインは1月28日、「日系企業の中国サイバーセキュリティ法等への対応状況に関する調査」の結果を公表した。

 同調査は、2021年9月から2021年11月の期間内で実施した中国の情報セキュリティ関連法セミナーにおけるアンケート結果を集計したもので、108の有効回答があった。

 中国では2017年6月1日に、中国国内でインターネットやITサービスを運営、または利用するあらゆる企業が適用の対象となる、インターネット領域のセキュリティに関する基本法となる「中国サイバーセキュリティ法 (Cybersecurity Law of the People’s Republic of China)」が施行された。

 2021年9月1日には「データセキュリティ法(Data Security Law of the People’s Republic of China)」が、2021年11月1日には中国版GDPRとも言われる「個人情報保護法(Personal Information Protection Law of the People's Republic of China)」が施行されたが、これらの情報セキュリティ関連法は、データ越境移転などを通して中国国内の現地法人だけではなく、中国ビジネスに関わる多くの日系企業に広く影響がある。

 同調査で、中国の情報セキュリティ関連法(中国サイバーセキュリティ法、データセキュリティ法、個人情報保護法)への対応状況について複数回答によるアンケートを実施したところ、情報収集を含め、現在何らかの対応を行っている企業は、全体の95%にのぼり、このうち情報収集を実施する企業は全体の90%程度と高い水準となったが、実際に対策を実施し、必要な管理体制の確立が間に合っている企業は全体のわずか5%程度にとどまった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×