CODE BLUE(3 ページ目) | ScanNetSecurity
2021.06.23(水)

CODE BLUE(3 ページ目)

[特別寄稿]  CODEBLUE で出会った 12 名の学生たち 画像
研修・セミナー・カンファレンス 株式会社カスペルスキー チーフセキュリティエヴァンゲリスト 前田 典彦

[特別寄稿] CODEBLUE で出会った 12 名の学生たち

「大学ではCTFに参加してセキュリティ技術を学んできました。最近ではCTFに参加するだけではなく自分たちでCTFを運営し、問題を解くだけではなく問題を作ることの独特の難しさを体感しています。」

日本発 国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」開会、来場者 600 名超 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

日本発 国際サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE」開会、来場者 600 名超

来場者は 600 名オーバーとなり、当初から運営目標としていた 500 名を超えた。有料セキュリティカンファレンスとして国内では記録的来場者数となった。

篠田佳奈の 開催直前 CODE BLUE 注目セッション 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

篠田佳奈の 開催直前 CODE BLUE 注目セッション

10 月 28 日から 2 日間にわたって新宿で開催される国際サイバーセキュリティカンファレンス「 CODE BLUE(コードブルー)」事務局の篠田佳奈氏に、第 3 回目を迎える本開催について話を聞いた。

若手人材の育成支援を目的に、学生のCODE BLUE無料招待など実施(カスペルスキー、CODE BLUE事務局) 画像
製品・サービス・業界動向 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

若手人材の育成支援を目的に、学生のCODE BLUE無料招待など実施(カスペルスキー、CODE BLUE事務局)

カスペルスキーとCODE BLUE実行委員会は、若手セキュリティ人材の育成を支援すると発表した。

「CODE BLUE 2015」のU-22枠などを含む全講演者が決定(CODE BLUE事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「CODE BLUE 2015」のU-22枠などを含む全講演者が決定(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUEにおいて全講演者が決定したと発表した。

Security Blue Note 第7回「次回 CODE BLUE で来日する、中国の脆弱性報告エコシステム『WooYun』とは何か」 画像
研修・セミナー・カンファレンス 篠田佳奈/「CODE BLUE」事務局 http://www.codeblue.jp/

Security Blue Note 第7回「次回 CODE BLUE で来日する、中国の脆弱性報告エコシステム『WooYun』とは何か」

現在では、WooYun は脆弱性報告者と関係企業をつなぐペンテスト提供組織として機能しています。対象はモバイル電話、システム、ウェブ、など。2015 年現在、企業は 3,000 社が登録し、ペンテスター登録者は累計で 10,000 人に及びます。

「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演を追加採択(CODE BLUE事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演を追加採択(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE実行委員会は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUEに関する第二次中間報告を発表した。

「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演が決定、引き続き受付中(CODE BLUE事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「CODE BLUE 2015」の基調講演者1名と7つの講演が決定、引き続き受付中(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE実行委員会は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUEの基調講演者のひとりに神戸大学名誉教授・中之島科学研究所の松田卓也氏を決定するとともに、7つの講演を決定したと発表した。

「CODE BLUE 2015」を10月に開催、若者や一般向け講演枠を追加(CODE BLUE事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「CODE BLUE 2015」を10月に開催、若者や一般向け講演枠を追加(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、世界トップクラスのサイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議「CODE BLUE」を2015年10月28日・29日の2日間、東京・ベルサール新宿グランドにて開催する。

CODE BLUE 第 2 回の舞台裏を聞く~ BLUE 篠田佳奈氏インタビュー 画像
特集 谷崎 朋子

CODE BLUE 第 2 回の舞台裏を聞く~ BLUE 篠田佳奈氏インタビュー

CODE BLUEが海外の面白いカンファレンスの1つとして認識され、「思い出してもらえるカンファレンス」になったことが、すごく嬉しいです。

「サイバー攻撃に気づいた組織とまだ気づいていない組織のふたつしかない」~本日から開催の CODE BLUE 基調講演から 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

「サイバー攻撃に気づいた組織とまだ気づいていない組織のふたつしかない」~本日から開催の CODE BLUE 基調講演から

国際サイバーセキュリティカンファレンス CODE BLUE が12月18日から東京ではじまった。同カンファレンスは今回で第2回目を数える。

CODE BLUE を生んだ日本のセキュリティコミュニティの歴史 ~ CODE BLUE篠田氏、日立システムズ本川氏対談 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

CODE BLUE を生んだ日本のセキュリティコミュニティの歴史 ~ CODE BLUE篠田氏、日立システムズ本川氏対談

「情報は世界にたくさんあるのに、日本の人はそれを知らないし、情報を共有するコミュニティもなかったですからね。日本に、そんなコミュニティを作りたいと思って、ジェフ・モスに『DEF CON を日本に持っていきたい』という話をしたら、一度はダメと言われたんです。」

車載用ECUソフトへの攻撃試行、ドローンへの攻撃など、全体概要が決定(CODE BLUE事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

車載用ECUソフトへの攻撃試行、ドローンへの攻撃など、全体概要が決定(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、日本発の情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE」、の全体概要を発表した。

日本のセキュリティの希望の灯~CODE BLUE 篠田氏、カスペルスキー 川合氏対談 画像
特集 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

日本のセキュリティの希望の灯~CODE BLUE 篠田氏、カスペルスキー 川合氏対談

CODE BLUE の可能性について、CODE BLUE 事務局の篠田佳奈氏(以下敬称略)と、株式会社カスペルスキーの川合林太郎氏(以下敬称略)に話を聞いた。

「CODE BLUE」第2回の基調講演者が決定、引き続き発表も受け付け(CODE BLUE事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「CODE BLUE」第2回の基調講演者が決定、引き続き発表も受け付け(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議CODE BLUEの基調講演に、イスラエル女性でTEDスピーカーであるKeren ElazariとIDA Pro創立者のIlfak Guilfanovの2氏を決定するとともに、公募した発表内容の中から講演を採択したと発表した。

「CODE BLUE」第2回を12月に開催、事前参加登録および論文募集を開始(CODE BLUE事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )

「CODE BLUE」第2回を12月に開催、事前参加登録および論文募集を開始(CODE BLUE事務局)

CODE BLUE事務局は、サイバーセキュリティに特化した日本発の国際会議「CODE BLUE」を2014年12月18日・19日の2日間、東京・御茶ノ水のソラシティカンファレンスセンターにて開催すると発表した。

CODE BLUE は来場400名を超える成功、第2回は12月開催予定(CODE BLUE 事務局) 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

CODE BLUE は来場400名を超える成功、第2回は12月開催予定(CODE BLUE 事務局)

2月に開催された国際サイバーセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」事務局の篠田佳奈氏に、第1回の成果と、それをふまえた第2回開催の予定を聞いた。

CODE BLUE 開会挨拶とジェフ・モス氏基調講演 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

CODE BLUE 開会挨拶とジェフ・モス氏基調講演

モス氏の講演では、医療と公衆衛生のアナロジーを用いて、一企業や組織にとどまらない社会全体での安全性向上を目指す「集団免疫理論(Community Immunity)」が解説された。

CODE BLUE 開催直前インタビュー「IDAの脆弱性とBug Bounty」 千田 雅明 氏 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

CODE BLUE 開催直前インタビュー「IDAの脆弱性とBug Bounty」 千田 雅明 氏

IDAという脆弱性を探す側のソフトウェアに存在している脆弱性の調査結果をまとめたものを発表します。IDAについてはバグバウンティプログラムをきっかけに脆弱性が調査される対象となりました。

CODE BLUE 開催直前インタビュー「Fight Against Citadel in Japan」JPCERT/CC 中津留 勇 氏 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

CODE BLUE 開催直前インタビュー「Fight Against Citadel in Japan」JPCERT/CC 中津留 勇 氏

今回の講演では、日々の業務を通じて得られた不正送金に関連したマルウェアに関する様々な知見の内、日本での感染被害が特に大きい「Citadel」に焦点をあて、その詳細な分析結果を紹介します。

CODE BLUE 開催直前インタビュー「OSやアプリを問わず装着するだけで重要データを防御するセキュリティバリアデバイス」産業技術総合研究所 戸田賢二氏 画像
研修・セミナー・カンファレンス 高橋 潤哉( Junya Takahashi )

CODE BLUE 開催直前インタビュー「OSやアプリを問わず装着するだけで重要データを防御するセキュリティバリアデバイス」産業技術総合研究所 戸田賢二氏

独立行政法人 産業技術総合研究所 戸田賢二氏「動作方式のご説明を通して、何がどこまでできるのかを正確にお伝えしたいと思います。課題を克服していく研究開発のおもしろさも同時にお伝えできればと思います。」

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 3 of 4
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×