基調講演はミッコ・ヒッポネン「サイバー軍拡戦争」、CODE BLUE 2018 全 42 講演決定(BLUE) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.11(火)

基調講演はミッコ・ヒッポネン「サイバー軍拡戦争」、CODE BLUE 2018 全 42 講演決定(BLUE)

BLUEは、日本発の情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2018」(10月29日~11月2日:ベルサール新宿グランド)の全42の講演が決定したと発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
株式会社BLUEは9月21日、日本発の情報セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2018」(10月29日~11月2日:ベルサール新宿グランド)の全42の講演が決定したと発表した。

基調講演は、F-Secureのミッコ・ヒッポネン氏による「サイバー軍拡戦争」、およびComodo Security / NATOサイバーセンターのアンバサダーであるケネス・ギアス氏による「(仮)国家間のサイバーセキュリティにおける動向」の2講演。

メイントラックのジェネラル部門は、オランダWolters KluwerのSebastian Avarvarei氏による「契約に関わるセキュリティの罪の十戒」、中国360 TechnologyのMinrui Yan氏による「コネクティッドカーをリモートから制御する方法論」、メキシコIOActiveのAlejandro Hernandez氏による「株を安全に取引していますか?貿易技術におけるセキュリティの欠陥」、NTTセキュアプラットフォーム研究所の石井中氏による「サイバー防御に活用できるOSINTの手法と実践」の4講演。

このほか、メイントラックのテクニカル部門の19講演、メイントラックのU25 25歳以下部門の3講演、サイバー犯罪対策トラックの8講演、ブロックチェーントラックの4講演、法律&政策トラックの8講演が決定した。サイバー犯罪対策トラック、ブロックチェーントラック、法律&政策トラックの特別トラックの受講料は17,000円。また、協賛企業リストもアップデートした。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×