コラムのニュース記事一覧(11 ページ目) | 特集 | ScanNetSecurity
2020.02.28(金)

特集 コラムニュース記事一覧(11 ページ目)

ソーシャルメディアの力を安全に引き出すには(CA Security Reminder) 画像
特集

ソーシャルメディアの力を安全に引き出すには(CA Security Reminder)

ほんの1年前なら、「みんながやっているから」というのは、「ソーシャルメディアをなぜ使うのか?」という問いに対して最も気のきかない答えだったでしょう。しかし今日では、この答えはまったく正しいといえます。

「遠隔操作ウイルス事件の犯人が逮捕されたんだにゃーの巻」(2月11日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド 画像
コラム

「遠隔操作ウイルス事件の犯人が逮捕されたんだにゃーの巻」(2月11日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド

Twitterが不正アクセスに遭って、25万人分のメールアドレス、セッショントークン、それにパスワードが漏えいしてしまったんだにゃー。

「インターネットからUPnPされるのはイヤだにゃーの巻」(2月4日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド 画像
コラム

「インターネットからUPnPされるのはイヤだにゃーの巻」(2月4日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド

たくさんの機器でユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)のために使用されているlibupnpというライブラリにバッファオーバーフローの脆弱性が発見されて騒ぎになっているんだにゃー。

「Ruby が脱線したにゃーの巻」(1月28日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド 画像
コラム

「Ruby が脱線したにゃーの巻」(1月28日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド

今度はRuby on Railsに他人に勝手にコマンドが実行される脆弱性が見つかったんだって。Ruby on Railsは年末にSQLインジェクションも話題になったけど、これはそれとは全く関係ないみたいだにゃー。

「IEもJavaも大変だにゃーの巻」(1月21日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド 画像
コラム

「IEもJavaも大変だにゃーの巻」(1月21日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド

トルコのSSL認証局がミスをして、通常のSSL証明書の代わりに中間CA証明書を発行してしまったんだって。そのおかげで攻撃者がGoogleのWebサイトのふりをした不正なWebサイトを作り、中間者攻撃やフィッシング攻撃に悪用することができるようになっていたそうだにゃ

【フォトレポート】江ノ島の階段を上って、遠隔操作ウイルス事件のゆたかくんに会ってきました 画像
コラム

【フォトレポート】江ノ島の階段を上って、遠隔操作ウイルス事件のゆたかくんに会ってきました

遠隔操作ウイルス事件の犯人が江ノ島にいる猫にmicroSDカードをくくりつけたということを知り、猫好きとしてはぜひ伺ってお目にかかってこないと!ということで、江ノ電に乗って行ってきました。

「首輪には注意だにゃーの巻」(1月15日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド 画像
コラム

「首輪には注意だにゃーの巻」(1月15日版)Scan名誉編集長 りく君の セキュリティにゃークサイド

PGP、TrueCryptで暗号化されたデータがツールを使ってクラックされるんだって。パスワードはコンピュータのメモリの中に読み込まれていて、そこにアクセスすることで抜き取られてしまうみたいなんだにゃー。

ScanNetSecurity 覆面座談会 「セキュリティ機器はじゃじゃ馬娘?!~現場からの悲鳴と提言」 (3) 若い人たちが伸びていくために 画像
コラム

ScanNetSecurity 覆面座談会 「セキュリティ機器はじゃじゃ馬娘?!~現場からの悲鳴と提言」 (3) 若い人たちが伸びていくために

最近、若い人がアップデートの検証ばかりやらされていて、疲弊しています。アップデートは基本機能も変わるし、追加機能もあるので、一年中ずっと検証することになってしまう。

ScanNetSecurity 覆面座談会 「セキュリティ機器はじゃじゃ馬娘?!~現場からの悲鳴と提言」 (2) 運用の現場は「本末転倒」になるケースが多い 画像
コラム

ScanNetSecurity 覆面座談会 「セキュリティ機器はじゃじゃ馬娘?!~現場からの悲鳴と提言」 (2) 運用の現場は「本末転倒」になるケースが多い

それを言うことは大事ですよね。問題意識の高いお客様からは「よく言ってくれた」と言われます。

ScanNetSecurity 覆面座談会 「セキュリティ機器はじゃじゃ馬娘?!~現場からの悲鳴と提言」 (1) 国内ベンダと海外ベンダの意識の違い 画像
コラム

ScanNetSecurity 覆面座談会 「セキュリティ機器はじゃじゃ馬娘?!~現場からの悲鳴と提言」 (1) 国内ベンダと海外ベンダの意識の違い

お客様も許容の上で海外からリモートでメンテナンスする場合もあるのですが、そうするといきなり再起動されちゃう。メーカーの調査のフェーズなので、私の立場は「見てるだけ」で手を出せない。

BYODや標的型攻撃、いま求められる従業員の新しいセキュリティ教育 画像
コラム

BYODや標的型攻撃、いま求められる従業員の新しいセキュリティ教育

旧来型のセキュリティ教育は、オンプレミスのクライアントサーバ型のネットワークの中で、PCを端末として利用することが前提とされていた。しかし近年、スマートデバイスが業務に導入され、そこからクラウドサービスやSNSを積極的に利用する事例が増えている。

オープンガバメントの哲学と脆弱性への対応策、一田氏論考へ寄せて 後編 画像
コラム

オープンガバメントの哲学と脆弱性への対応策、一田氏論考へ寄せて 後編

その象徴的な事例がネット選挙運動の禁止である。先進国に類を見ないほどの厳しい制限をしているが、利用自体「無い事」にしてしまっているので、法的責任・処罰などを定めることができず、かえって不正や妨害工作が事実上「野放し」になってしまっている。

オープンガバメントの哲学と脆弱性への対応策、一田氏論考へ寄せて 前編 画像
コラム

オープンガバメントの哲学と脆弱性への対応策、一田氏論考へ寄せて 前編

氏が挙げた「三つの脆弱性」は、政治におけるインターネットの利用が今後も一層拡大し深化することが不可避である以上、避けて通れない重要な問題提起である。

オープンガバメントに潜む三つの脆弱性 後編 画像
コラム

オープンガバメントに潜む三つの脆弱性 後編

オープンガバメントが、単なる多くの人の共感を呼ぶ物語ではなく、社会を動かす、検証可能な概念となるためには、次の3つの脆弱性を解決する必要がある。

オープンガバメントに潜む三つの脆弱性 前編 画像
コラム

オープンガバメントに潜む三つの脆弱性 前編

昔、インターネットがない頃に、ネットが当たり前のインフラになった時代のことを思い描いたものだった。さまざまな夢のひとつに、ネットで実現される本当の民主主義があった。

あなたは8年前なにをしていましたか、インターネット自由制限の種子が蒔かれた年 画像
コラム

あなたは8年前なにをしていましたか、インターネット自由制限の種子が蒔かれた年

ほとんどが2004年に起きています。2000年から2005年にかけて日本のインターネットを取り巻く環境は、管理強化の方向に大きく舵をきったことがわかると思います。

FIRSTカンファレンス雑感 画像
コラム

FIRSTカンファレンス雑感

まず開催地がおかしい。どう考えてもリゾート地、バカンス地なのだ。今年はマルタ島で開催されたが、過去の開催地はマイアミとかウイーンとか、観光地トップ10に入るような場所ばかりだ。日本で開催されたときは何しろ京都である。

昔万引き 今ソーシャルゲーム詐欺、若年犯罪者養成機関としてのソーシャルゲーム 画像
コラム

昔万引き 今ソーシャルゲーム詐欺、若年犯罪者養成機関としてのソーシャルゲーム

夏休みは、子どもがネットにふれる時間が長くなるから、インターネットの犯罪や害悪から子どもたちを守ろうと、セキュリティの専門機関や企業が、イベントや一生懸命注意喚起を行っている。しかし、子どもがネット犯罪の被害者になるケースばかりではない。

The P2P network may change into an anonymous cyber weapon that could ruin the world 画像
コラム

The P2P network may change into an anonymous cyber weapon that could ruin the world

Can you imagine someone depriving the control of a P2P network service with a hundred million users, and forcing it to attack the specific server? This is not fiction.

無貌の蜘蛛Xunleiが世界を食う~世界最大のP2Pネットワークが匿名最終兵器になる日 画像
コラム

無貌の蜘蛛Xunleiが世界を食う~世界最大のP2Pネットワークが匿名最終兵器になる日

誰かが残した強力な兵器をたまたま手に入れた自分が操縦者となる。そんな物語を私たちはたくさん知っている。これから人々が、ネットに転がっている強力な兵器を探し求めるかもしれない。そして首尾よく無貌兵器の制御を奪った時にこう言うのだ。「こいつ…動くぞ!」と。

スマートフォンマルウェアへの感染経路について 他(ダイジェストニュース) 画像
ダイジェストニュース

スマートフォンマルウェアへの感染経路について 他(ダイジェストニュース)

スマートフォンマルウェアへの感染経路について(アンラボ:ブログ)他

  1. 先頭
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6
  6. 7
  7. 8
  8. 9
  9. 10
  10. 11
  11. 12
  12. 13
Page 11 of 13
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×