セキュリティ専門誌15周年 編集長対談 第1回「休刊を迎えたハッカージャパンを偲ぶ」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

セキュリティ専門誌15周年 編集長対談 第1回「休刊を迎えたハッカージャパンを偲ぶ」

特集 コラム

Scan15周年ということで、Scanと同じ1998年に創刊し、共に15周年を迎えたセキュリティ専門誌「ハッカージャパン」編集長と両誌の未来を語る記念対談を行うことになっていたのですが、突然のニュースが飛び込んできました。「ハッカージャパン」誌の休刊です。

そこで記念対談は趣旨を少し変更し、ハッカージャパン誌編集長の斉藤健一氏にハッカージャパン休刊の理由を聞くとともに、ハッカージャパン誌とも縁の深い、本誌編集長上野と、これまでのハッカージャパンを振り返ることにしました。(聞き手:ScanNetSecurity編集長 上野宣)

--

──この間たまたま家の本を整理しててハッカージャパンの全号並べて写真撮ったばかりだったんですよ。まさかその次の号で最終号になるとは思ってもみなかったです。

残念ですが、これまでやってきて、セキュリティキャンプであったり、セキュリティ業界の人でキャンプに参加するきっかけやこの業界に入るきっかけがハッカージャパンという話はよく聞くので、まあ、ある一定の貢献はできたのかなって思います。月並みな発言ですけど。

──セキュリティキャンプに来る学生の中には生まれる前からハッカージャパンがある人もいるんですよね。15年あっという間だった気がするけど、その人にとっては人生と同じ長さなんですよね。

●休刊に至る経緯

──ハッカージャパンが休刊になるということですが、休刊に至る理由をお聞かせください…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

(構成・文:山本洋介山)
《》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×