2019年1月のインシデント・情報漏えいのニュース記事一覧 | インシデント・事故 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.22(木)

2019年1月のインシデント・事故 インシデント・情報漏えいニュース記事一覧

国内外の社外協力者804名の個人情報が流出の可能性(ユニクロ) 画像
インシデント・情報漏えい

国内外の社外協力者804名の個人情報が流出の可能性(ユニクロ)

株式会社ユニクロは1月30日、同社の社外協力者の個人情報が流出した可能性が判明したと発表した。

患者11名分の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(大阪市立大学医学部附属病院) 画像
インシデント・情報漏えい

患者11名分の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(大阪市立大学医学部附属病院)

大阪市立大学医学部附属病院は1月29日、患者11名分の個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

予約システムの開始案内を誤送信、52名のアドレスが流出(横浜市今井地区センター) 画像
インシデント・情報漏えい

予約システムの開始案内を誤送信、52名のアドレスが流出(横浜市今井地区センター)

横浜市今井地区センターは1月25日、利用者登録していたユーザーに予約システムの開始案内をメール送信した際に、他の登録者のメールアドレスが表示された状態となったことが判明したと発表した。

「宅ふぁいる便」不正アクセスによる情報漏えいの第3報を発表、パスワードは暗号化しておらず(オージス総研) 画像
インシデント・情報漏えい

「宅ふぁいる便」不正アクセスによる情報漏えいの第3報を発表、パスワードは暗号化しておらず(オージス総研)

株式会社オージス総研は1月28日、同社が運営する「宅ふぁいる便」の一部サーバへの不正アクセスによる顧客情報漏えいについての第3報を発表した。

納付書の金融機関控えを紛失、誤廃棄の可能性(鹿児島興業信用組合) 画像
インシデント・情報漏えい

納付書の金融機関控えを紛失、誤廃棄の可能性(鹿児島興業信用組合)

鹿児島興業信用組合は1月18日、顧客情報が記載された書類の一部を紛失したことが判明したと発表した。

「宅ふぁいる便」サーバへ不正アクセス、約480万件の個人情報が流出(オージス総研) 画像
インシデント・情報漏えい

「宅ふぁいる便」サーバへ不正アクセス、約480万件の個人情報が流出(オージス総研)

株式会社オージス総研は1月24日、同社が運営する「宅ふぁいる便」の一部サーバへの不正アクセスの可能性が確認され、1月23日午前10時50分頃より当該サービスの停止を、1月26日には不正アクセスによる顧客情報の漏えいが判明したと発表した。

禁止された私物USBメモリに患者の個人情報を保存し紛失(京都市立病院) 画像
インシデント・情報漏えい

禁止された私物USBメモリに患者の個人情報を保存し紛失(京都市立病院)

地方独立行政法人京都市立病院機構は2018年12月21日、個人情報が記録されたUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

公立学校教員採用選考試験問題の私案を保存したUSBメモリを紛失(埼玉県) 画像
インシデント・情報漏えい

公立学校教員採用選考試験問題の私案を保存したUSBメモリを紛失(埼玉県)

埼玉県は1月23日、同県教育委員会において平成32年度(2020年)埼玉県公立学校教員採用選考試験(31年度実施)問題の私案を含むUSBメモリの紛失が判明したと発表した。

アルファメールのWebサーバーに不正アクセス、不正ファイルがWeb上に設置される(大塚商会) 画像
インシデント・情報漏えい

アルファメールのWebサーバーに不正アクセス、不正ファイルがWeb上に設置される(大塚商会)

株式会社大塚商会は1月23日、同社の提供するアルファメールのWebサーバーに対して外部からの不正アクセスが発生したと発表した。

WEBサイトに係るサーバにSQLインジェクション攻撃、DBから63,656人分の個人情報流出の可能性(釣りビジョン) 画像
インシデント・情報漏えい

WEBサイトに係るサーバにSQLインジェクション攻撃、DBから63,656人分の個人情報流出の可能性(釣りビジョン)

株式会社釣りビジョンは1月25日、同社が提供するWEBサイトに係るサーバに第三者からの不正アクセスがあり情報流出が流出した可能性があることが判明したと発表した。

「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」全出場者へ誤送信、アドレスと本名が流出(JAIA) 画像
インシデント・情報漏えい

「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」全出場者へ誤送信、アドレスと本名が流出(JAIA)

一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)は1月23日、「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」出場者のメールアドレスが全出場者に送付されたことが判明したと発表した。

宝塚歌劇公演に関するDVDを複製、販売していた29歳女性を逮捕(ACCS) 画像
インシデント・情報漏えい

宝塚歌劇公演に関するDVDを複製、販売していた29歳女性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、茨城県筑西署は、権利者に無断で映像作品を複製の上、頒布していた埼玉県さいたま市の会社員女性(29歳)を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

検針員が顧客の個人情報が記載された資料を紛失(中部電力) 画像
インシデント・情報漏えい

検針員が顧客の個人情報が記載された資料を紛失(中部電力)

中部電力株式会社は1月23日、名古屋支店にて同社の検針員が顧客の個人情報が記載された資料を紛失したことが判明したと発表した。

おたクラブ大阪店で顧客から預かったUSBメモリを一時紛失(いこい) 画像
インシデント・情報漏えい

おたクラブ大阪店で顧客から預かったUSBメモリを一時紛失(いこい)

合同会社いこいは1月22日、同社が運営する同人誌印刷所 おたクラブ大阪店で顧客から預かったUSBメモリを一時紛失したと発表した。

人為的ミスで参加申込者全員に「平成30年度意匠制度の改正に関する説明会」の事前案内メールを誤送信(オーエムシー) 画像
インシデント・情報漏えい

人為的ミスで参加申込者全員に「平成30年度意匠制度の改正に関する説明会」の事前案内メールを誤送信(オーエムシー)

株式会社オーエムシーは1月23日、同社が特許庁から請負った「平成30年度意匠制度の改正に関する説明会」の事前案内メールを参加申込者に送信する際、誤って参加申込み登録者全員のメールアドレスを表示された状態で一斉送信したことが判明したと発表した。

「TO」に入力したアドレスが「BCC」でのメール受信者に流出、担当者は認識なく誤送信防止システムでも防げず(横浜市) 画像
インシデント・情報漏えい

「TO」に入力したアドレスが「BCC」でのメール受信者に流出、担当者は認識なく誤送信防止システムでも防げず(横浜市)

横浜市は1月16日、同市の消防局横浜市民防災センターから横浜市消防音楽隊「創設60周年記念演奏会」の応募者に抽選結果を連絡する際、誤って受信者に他のメールアドレスが表示された状態で送信したことが判明したと発表した。

「はるか夢の址」運営者など3名に実刑判決、最長懲役3年6カ月(ACCS) 画像
インシデント・情報漏えい

「はるか夢の址」運営者など3名に実刑判決、最長懲役3年6カ月(ACCS)

ACCSによると、大阪地方裁判所は、日本最大級の出版海賊サイト「はるか夢の址」を運営・管理するなどしていた主犯格の男性3名について、いずれも実刑判決を言い渡した。

パソコン出張サポートの申込者情報がインターネット上で閲覧可能状態に(ケーズホールディングス) 画像
インシデント・情報漏えい

パソコン出張サポートの申込者情報がインターネット上で閲覧可能状態に(ケーズホールディングス)

株式会社ケーズホールディングスは1月10日、同社が提供するパソコン出張サポートの申込者情報がインターネット上で閲覧可能だったことが判明したと発表した。

不正アクセスによりホームページが改ざん被害、現在は復旧済み(南紀白浜観光局) 画像
インシデント・情報漏えい

不正アクセスによりホームページが改ざん被害、現在は復旧済み(南紀白浜観光局)

一般社団法人南紀白浜観光局は1月10日、同局のホームページが不正アクセスによる改ざんを受けたことが判明したと発表した。

国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学) 画像
インシデント・情報漏えい

国際学会で離席した隙をつかれノートパソコンが盗難被害に(長岡技術科学大学)

国立大学法人長岡技術科学大学は1月15日、同学教員が海外出張中に盗難により個人情報が保存されたノートパソコンを紛失したことが判明したと発表した。

フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学) 画像
インシデント・情報漏えい

フィッシングサイトで詐取されたアカウントから迷惑メールを多数配信、個人情報漏えいの可能性も(東京外国語大学)

国立大学法人東京外国語大学は1月9日、同学職員がフィッシングメールを受信し偽サイトにIDとパスワードを入力したために、当該アカウントから多数の迷惑メール送信と個人情報の漏えいが判明したと発表した。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×