おたクラブ大阪店で顧客から預かったUSBメモリを一時紛失(いこい) | ScanNetSecurity
2020.06.06(土)

おたクラブ大阪店で顧客から預かったUSBメモリを一時紛失(いこい)

合同会社いこいは1月22日、同社が運営する同人誌印刷所 おたクラブ大阪店で顧客から預かったUSBメモリを一時紛失したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
合同会社いこいは1月22日、同社が運営する同人誌印刷所 おたクラブ大阪店で顧客から預かったUSBメモリを一時紛失したと発表した。

これは二人で来店した顧客のうち、USBメモリを預かっていない顧客が先に会計を済まし退店したために、当該USBメモリを預かっていたもう一方の顧客に同社スタッフが、連れの顧客のものと認識を誤り紛失のあった顧客のUSBメモリを含めて2点返却したというもの。取り違えて渡した顧客よりUSBメモリ誤返却の連絡を受けて回収し、預かっていたUSBであることを確認した。

同社では2018年7月から半年の間、依頼件数が増え人手が足りない状況で従業員を就業させており、作業現場での課題解決を優先させ、システム改善や預かった記録媒体の杜撰な管理体制の改善を最優先事項と認識していなかったという。

2018年末より、半年間の予定で同社のシステム更新作業に入っており、誤返却への対策として店頭制作用の受注リスト追加を行うとのこと。また、早急に今後の管理体制を刷新するために、大阪店の店頭での印刷受付を休業し問題解決に取り組む。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!
編集長就任10周年記念「宣ベロキャンペーン」中!

Scan PREMIUM が半額! こんな時期だからこそセキュリティの未来を考えるオンライン飲み会を開催

×