パソコン出張サポートの申込者情報がインターネット上で閲覧可能状態に(ケーズホールディングス) | ScanNetSecurity
2019.10.24(木)

パソコン出張サポートの申込者情報がインターネット上で閲覧可能状態に(ケーズホールディングス)

株式会社ケーズホールディングスは1月10日、同社が提供するパソコン出張サポートの申込者情報がインターネット上で閲覧可能だったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社ケーズホールディングスは1月10日、同社が提供するパソコン出張サポートの申込者情報がインターネット上で閲覧可能だったことが判明したと発表した。

これは2018年12月27日に判明したもので、京都府、大阪府及び奈良県のケーズデンキで2018年12月16日から2019年1月21日を訪問予定日としてパソコン出張サポートを申し込んだ顧客98件(96名)の氏名、住所の一部(市区町村まで)、当該サービス内容が閲覧できる状態にあったというもの。

同社では、本件が判明した12月27日時点で出張設定予定確認サイトを閉鎖し閲覧できない状態とし、2019年1月8日までに漏えいの対象となった全ての顧客に説明と謝罪を行った。

同社では今後、個人情報取り扱い状況の総点検を行い情報管理の徹底を図るとのこと。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×