「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」全出場者へ誤送信、アドレスと本名が流出(JAIA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.17(水)

「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」全出場者へ誤送信、アドレスと本名が流出(JAIA)

一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)は1月23日、「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」出場者のメールアドレスが全出場者に送付されたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)は1月23日、「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」出場者のメールアドレスが全出場者に送付されたことが判明したと発表した。

これは1月22日、天下一音ゲ祭事務局の運営を行う株式会社ブライトから全国頂上決戦出場者様にメールを送信する際に、通常の宛先にメールアドレスを入力して一斉送信したために、全出場者にメールアドレスと本名が表示された状態となったというもので、該当の出場者から同協会の公式アカウントへTwitterにて指摘があり判明した。

情報が流出したのは「第五回天下一音ゲ祭 全国頂上決戦」の全出場者のメールアドレスと本名で、事務局から電話にて謝罪を行っており、1月23日時点で46名に連絡済み。引き続き全出場者に連絡を続けるとのこと。

同協会では、事務局担当者の変更を検討するとともに、メーリングリストなど投稿管理ツールの活用や出場者の個人情報を扱う場合に同協会と事務局間での複数回のチェックを強く推進し、再発防止に努める。
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×