不動産取引の際にハザードマップなどの防災情報を提供・説明する取り組みを開始(広島県) 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

不動産取引の際にハザードマップなどの防災情報を提供・説明する取り組みを開始(広島県) 1枚目の写真・画像

広島県は「広島県『みんなで減災』県民総ぐるみ運動」の一環として、宅地建物取引業者の協力のもと、不動産取引の際に顧客に対して物件説明と同時にハザードマップなどの防災情報を提供・説明する取組みをスタートさせた。

製品・サービス・業界動向
県民総ぐるみ運動の目的は「“災害死ゼロ”災害に強い広島県の実現」を目指すこととしており、県庁の危機管理課が担当している(画像は広島県公式Webより)。
県民総ぐるみ運動の目的は「“災害死ゼロ”災害に強い広島県の実現」を目指すこととしており、県庁の危機管理課が担当している(画像は広島県公式Webより)。

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×