【画像】不正プログラムの通信を隠蔽する手法「偽装ヘッダ」を確認(トレンドマイクロ) (1/1)| ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.19(木)

不正プログラムの通信を隠蔽する手法「偽装ヘッダ」を確認(トレンドマイクロ) 1枚目の写真・画像

脆弱性と脅威

リンク「http://www.google.com/d/conh11.jpg」への「GETコマンド」とダウンロードされたファイルのヘッダ
リンク「http://www.google.com/d/conh11.jpg」への「GETコマンド」とダウンロードされたファイルのヘッダ

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. Infineon製 RSAライブラリに、リモートから秘密鍵を取得される脆弱性(JVN)

    Infineon製 RSAライブラリに、リモートから秘密鍵を取得される脆弱性(JVN)

  2. WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

    WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

  3. 「Oracle Java SE」に複数の脆弱性、悪用されるとリモートコード実行も (JPCERT/CC)

    「Oracle Java SE」に複数の脆弱性、悪用されるとリモートコード実行も (JPCERT/CC)

  4. 「Adobe Flash Player」に脆弱性、海外では標的型攻撃への悪用も確認(JPCERT/CC)

  5. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  6. パナソニック製「ホームユニット KX-HJB1000」に複数の脆弱性(JVN)

  7. Microsoft Windows OS における fodhelper.exe を用いて UAC による制限を回避する手法(Scan Tech Report)

  8. SIPサーバを不正に利用するインシデントが発生、注意を呼びかけ(JPCERT/CC)

  9. auショップなどで提供の無線LANルータ「HOME SPOT CUBE」に複数の脆弱性(JVN)

  10. コレガ製の無線LANルータに複数の脆弱性、任意の操作を実行される可能性も(JVN)

アクセスランキングをもっと見る

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×