不正プログラムの通信を隠蔽する手法「偽装ヘッダ」を確認(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.18(木)

不正プログラムの通信を隠蔽する手法「偽装ヘッダ」を確認(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、従来とは異なる方法で検出を逃れる「偽装ヘッダ」という手法を7月中旬に確認したと同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
トレンドマイクロ株式会社は7月30日、従来とは異なる方法で検出を逃れる「偽装ヘッダ」という手法を7月中旬に確認したと同社ブログで発表した。偽装ヘッダは、特定のドメインに関連していそうなURLを表示するが、実際は異なるドメインへ接続されており、多くの場合は不正なドメインが使われている。他の偽装の手法とは異なり、偽装ヘッダはコンピュータやファイルの変更をせずにネットワークパケットを変更して偽装される。つまり、不正プログラムがサーバに接続しデータを送信する直前に、リクエストされるヘッダにドメインが新たに追加される。

この挙動を実行する興味深い不正プログラムに、「TROJ_RODECAP.SM」がある。ブログでは、ネットワークトラフィックの解析から、ドメイン「<省略>.104.93」から応答していることが判明した事例を紹介している。このドメインは、ロシアに拠点を置いており、Googleにはまったく接続されていない。そのため要求されたと思われるリンクは、正規のドメインでかつ単に画像ファイルへと誘導するだけのものであるため、ネットワーク管理者は、見逃してしまったり無害なものだと考えてしまう可能性がある。

この偽装は、不正プログラムとリモートサーバ間の通信をうまくカモフラージュする方法を備えている。そして、エンドユーザに正体を隠しつつ、最終的に表立ったあらゆる疑いを回避する。この手法は、独自の新しい方法でスパムメールを送信するボットネット「StealRat」により利用される。これらの事象は、どのようにして攻撃者が新たなツールとセキュリティベンダによる検出を回避する手法と共に出現するかを表しているとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×