「読売新聞オンライン」の偽サイトに注意を呼びかけ、SNSや複数サイトで広告を確認 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

「読売新聞オンライン」の偽サイトに注意を呼びかけ、SNSや複数サイトで広告を確認

 読売新聞東京本社は11月13日、同社が運営する「読売新聞オンライン」の偽サイトへの注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威

 読売新聞東京本社は11月13日、同社が運営する「読売新聞オンライン」の偽サイトへの注意喚起を発表した。

 同社によると、同社が運営する「読売新聞オンライン」( https://www.yomiuri.co.jp/ )に似せた偽サイトに誘導する広告がSNSや複数のサイトで表示されているという。広告では読売新聞オンラインのロゴと著名人の画像が使われ、偽サイトには著名人が暗号資産取引で巨額の利益を上げたとして投資を持ちかける架空の記事が掲載され、氏名などの個人情報の入力を求める欄がある。

 また、読売新聞社が「朝刊ヘッドライン」や「読売新聞からのお知らせ」を送信する際に使用しているアドレス「 newsletter@my.yomiuri.co.jp 」を偽装して、金融機関などを装った偽サイトに誘導するメールも確認されているとのこと。メール本文には「お客様の口座が異常のため」「ご振り込み金額」などの表現や句読点が二つ並んで使われるなどの不自然な点がある。

 読売新聞では、偽サイトや偽サイトに誘導するメールと関係はなく、個人情報流出や詐欺被害につながる恐れがあるため、偽サイトに誘導する広告のクリックや、メールに記載されたURLにアクセスしないよう、注意を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

脆弱性と脅威 アクセスランキング

  1. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  2. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  3. Proofpoint Blog 第24回「日米ともにメール詐欺増加:警察庁&FBIレポートから読み解くメール詐欺の被害と日本政府が認めた効果的な対策DMARC」

    Proofpoint Blog 第24回「日米ともにメール詐欺増加:警察庁&FBIレポートから読み解くメール詐欺の被害と日本政府が認めた効果的な対策DMARC」

  4. エレコム製無線ルータにOSコマンドインジェクションの脆弱性

  5. 典型的なアンケート詐欺を「Instagram」アプリ上でも確認(トレンドマイクロ)

  6. エレコムの複数の無線LANルーターにOSコマンドインジェクションの脆弱性

  7. TDU学生、WordPress用プラグインWP Sticky SocialにおけるCSRF脆弱性発見

  8. IrfanView の JPEG 2000 プラグインにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  9. エレコム製無線LANルーターにOSコマンドインジェクションの脆弱性

  10. Windows DNSの脆弱性情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×