日本大学教員のノートパソコンとUSBメモリ、フランス パリで盗難被害に | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

日本大学教員のノートパソコンとUSBメモリ、フランス パリで盗難被害に

 日本大学は2月20日、同学教員の個人所有のノートパソコンとUSBメモリのフランス パリでの盗難被害について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 日本大学は2月20日、同学教員の個人所有のノートパソコンとUSBメモリのフランス パリでの盗難被害について発表した。

 同学によると、当該ノートパソコンとUSBメモリには、生物資源科学部に平成16(2004)年度から令和4(2022)年度までに在籍していた学生271名分の個人データ(学生証番号、学生氏名、成績評価及び令和2(2020)年度以降に提出されたレポート)と、国際関係学部に平成16(2004)年度から平成23(2011)年度までに在籍していた学生384名分の個人データ(学生証番号、学生氏名及び成績評価)が保存されていた。


《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×